芋まんじゅう

ご飯とご飯の間に時間を空けてお腹をすかせ、胃腸を休ませる事はとても大切です。食べる量は同じでも食べ方で体への負担は違ってきます。
でも元気な子供なら 「お腹がすいた!」 なんて事もしばしば。
普段食卓に上る材料で作ったおやつなら体にも優しく、しっかりご飯の代わりになります。おやつは甘いものというイメージを変えてみませんか?

材料(10個~12個)



芋餡 

  • さつまいも 500g
  • つみき味噌小さじ1/2または焼き塩ひとつまみ

  • 小麦粉 180g
  • 焼き塩 小さじ 1/4
  • 熱湯  2/3 カップ

手順 その1


芋を皮付きのまま適当な大きさに切って蒸す。やわらかくなったらマッシャーでつぶし、つみき味噌(または焼き塩)を加え芋餡をつくり、10~12個のおだんごに丸める。

手順 その2


ボールに小麦粉と焼き塩小さじ1/4を混ぜ、熱湯を様子を見ながら入れ、よくこね、ぬれぶきんをかけ20分ぐらいねかす。

手順 その3


手順2を10~12個に分け、あんを入れて包み、まるめる。

手順 その4


蒸し器にぬれぶきんを敷いて並べ、強火で皮がすきとおるまで蒸す。

かみごたえのあるおまんじゅうです。

冷え取り最新情報
 
冷え取り雑貨
 
知りたい、わたしの体 冷え性&冷え症