玉ネギ、ピーマンとじゃがいものカレー風味

夏は体の毒出しのために食欲がなくなるようになっています。
(体の機能)スタミナ料理は夏風邪や秋に体調をくずす原因になります。
「心臓の毒出しを助けてくれると共に、肝臓の薬穀である麦」を使った調理を工夫し、また冷や麦、そうめん等をおいしく感じるのも体の欲求といえます。

材料


  • 玉ネギ2個
  • ピーマン5個
  • じゃがいも1個
  • カレー粉少々
  • 焼き塩少々

手順 その1


ピーマンは細切り、玉ネギは半分に切ってスライスする。じゃがいもは2ミリの厚さの短冊に切る。

手順 その2


フライパンでじゃがいも、玉ネギを炒める。塩をふって、軽く火が通ったらピーマンを加え、さっと炒める。

手順 その3


カレー粉を好みでぱらぱらと入れて混ぜ風味をつける。
しゃっきり感を残したいので火の通しすぎには注意!

手順 その4


盛り付けの飾り用に大葉は千切り、梅干はほぐし、枝豆は茹でておく。玄米ご飯が炊けたら、馬路村ゆずポンを回しかけよく混ぜ、そこへ野菜と白ごまを入れて混ぜ合わせ冷ます。器に盛り付け、大葉、枝豆、梅干を彩りよく飾り冷蔵庫で少し冷やしてから食卓に出す。

冷え取り最新情報
 
冷え取り雑貨
 
知りたい、わたしの体 冷え性&冷え症